B型肝炎検査キット(自宅用)


B型肝炎検査キット(自宅用)


HBV-5セルフテストキットは、B型肝炎に感染しているのかを自宅で検査できるテストキットです。

B型肝炎ウイルスは感染しても発症しないことがほとんどですが、発症しなくても感染源となってしまったり、発症を未然に防ぐためにも定期的な検査が必要です。

【内容量】

B型肝炎 テストカード 1個 ×1
アルコールパッド ×1
ランセット(採血用使い捨て針)×1
スポイト ×1
検査液 ×2
説明書(英語) ×1

B型肝炎検査キット(自宅用)

商品詳細・効果


HBV-5 Self Test Kitは自宅に居ながら簡単に20分程度でB型肝炎に感染しているのか検査ができる検査キットです。自分で血液を採取し、検査液を加えるだけなので、とても簡単でどなたでも利用することができます。

現在、日本におけるB型肝炎の感染者は110〜140万人といわれています。この感染者のほとんどが母子感染や輸血によって感染したと考えられています。B型肝炎ウイルスは、垂直感染と平行感染によって感染します。

垂直感染は、B型肝炎ウイルスに感染している母親から子どもに感染することです。これは出産のときに産道で血液から赤ちゃんに感染してしまいます。平行感染は、以前は輸血や注射針の使い回しで血液を介して感染していましたが、現在は若者の間で性交渉を介して感染者が増えてきています。しかし、以前と比べるとB型肝炎の感染を予防する対策がいくつも練られているため、感染者は徐々に減少傾向にあります。

B型肝炎ウイルスに感染している方の60〜70%は、感染しても自身の免疫力でB型肝炎ウイルスを退治し、B型肝炎を発症せずに症状も何もあらわれないまま不顕性感染の状態で治癒します。症状があらわれないため、B型肝炎ウイルスに感染していることに気付かず、そのまま感染源となってしまう可能性もあります。

一方、B型肝炎を発症してしまった場合は、慢性肝炎となり、肝硬変や肝がんへと病状は悪化してしまいます。B型肝炎を発症した時の症状としては、倦怠感や食欲の低下・吐き気・肌が黄色くなる黄疸などの症状が初期症状としてあらわれます。

B型肝炎セルフテストキットは自宅で簡単に検査することができるため、病院に行く時間のない方でもすぐに検査して頂けます。特に、家族に肝炎ウイルスに感染している方がいる方や大きな手術や輸血を受けた方、タトゥーを彫った方、医療機関以外でピアスを開けた方は一度検査をしてみるようにしましょう。

B型肝炎検査キット(自宅用)
| 検査キット | 21:50 | comments(0) | - |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM